ESET Smart Security6環境でEdge Inspectが接続エラーになる場合の対処方法

 昨年末、ついに念願のiPhoneを手に入れました。

 そこで早速、Adobe Edge InspectでWindowsのローカル環境(Apache)をチェックしようとしたら、肝心のEdge Inspectアプリがうんともすんとも言いません。ローカル環境側の設定は済ませているのに接続エラーとは、すわ、これはどうしたことか。

 接続エラーの原因は、インストールしていたウイルス対策ソフト・ESET Smart Security 6のファイアウォールでした。設定がちょっとめんどくさかったのと、見当たらなかったのでまとめておきます。

Photoshopで簡単に立体感をつける無料プラグイン

 海外のWEBデザイン界隈では、昨年からiOS7を端緒にしたフラットデザインが流行だそうで、次に来る流行が45°角のグラデーション、ロングシャドウなんだそうでございます。ファッションブランドや化粧品メーカーが「翌年の流行色はこれ」と発表するようなものでしょうか。WEB業界もこなれてきてもはやよくわかりませんが、昨年来、ロングシャドウジェネレーターがあちこちで公開されています。

 今回ご紹介するのはそのうちの一つ、Photoshopの無料プラグイン(エクステンション)LongShadowGenerater for Photoshop。CS6以降対応です。
 最近はプラグインじゃなくて、エクステンションっていうんですね。

 このエクステンションを使えばPhotoshop上だけで簡単に画像・テキストに立体感をつけることができます。PhotoshopでもIllustratorでも、こういう加工やろうとおもうとめんどくさいので重宝してます。

 以下、インストールおよび駆け足解説です。

 読んでいる漫画に、「これはあからさまに3D」が出てきたらガッカリしますが、3Dなのかアナログなのかどうかわからないスレスレ感のある3Dはむしろ大好物というニッチなクラスタです、こんばんわ。

 さて、個人的に長年の懸案でした線画(ラスター画像)の細線化・太線化。ようするに線を細くしたり太くしたりする処理のことです。
 今まで出来ないと思い込んでいたのですがアッサリ実現できてしまったので、勢い細線化についてまとめました。

 

 人もすなるアピアランスというものを、我してみむとするなりアピアランス。

 ということで、今回はIllustrator CCのアピアランスだけでテキストオブジェクトに、原稿用紙のあのセンター部分のカッコ、魚尾(ぎょび)をつけてみました。
 ヒッソリお正月素材を作っていたんですが、例によって今年も間に合いませんでしたね。

 このアピアランスを適用すると、テキストの前後に魚尾がつきます。普通の「」とは違い、複数行には対応していません。詳しい解説およびサンプルファイルは以下をお読みください。

海外のマーブリング紙コレクション

海外のマーブリング紙コレクション

 古い洋書ではよく見返しや表紙にマーブリングを施した紙、いわゆるマーブル紙が使われています。その為か、海外の図書館や大学のアーカイブでは、マーブル紙のコレクションを公開している場合があります。
 インターネットで公開されているものをいくつか集めてみました。

GillsansとArial rounded

 先日、XPだった会社のPCにWindows7をクリーンインストールした際、うっかりフォントのバックアップを忘れていました。

 そこでXPから引き続き、Windows7にもOffice Professional 2003をインストールしたのですが、エラー表示こそでませんが、オプションの付属フォントだけがどうしてもインストールされません
 Office Professional 2003には、Arial RoundedGill sans(ギル・サン)などの特徴的な英字フォントが含まれていて、インストールできなければ有料で購入するしかありません。しかもGill sansは特にお高いのです!

 そこで試行錯誤した結果、Office 2003付属フォントをインストールCDから直接手動でインストールする方法が判りましたので、今回はその方法をご紹介します。

 つまり、今回はWindows7環境に今更Office 2003をインストールしようっていう人以外には何の意味もないエントリです。あしからず。

スパム対策でコメント欄を一時閉じました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 あまりにスパムがひどいので、一時的にコメント欄を閉じさせていただきました。スパム対策をしてから再開しようか、もう撤去しちゃおうかと悩ましいところです。

 MT6.0βが来たのにあわせて、またレイアウト調整等をしようと思っておりましてまた更新が滞っています。

 アップデートは手順書の通りやれば簡単なんですが、先日、知人に「ツイッターのボタンがついてないんで使いづらい」とピンポイントで言われてしまいまして、アッハイ、SNSですねSNSボタンつけますね、という流れになりまして、レイアウト調整のほうが手間取っております。

 見ない間にhtmlタグ色々増えてるし... CSS3とか知らない子ですよ...! DreamWeaverもCCになってなんか微妙に使いづらいし...!

 これが終われば通常の更新速度に戻りますので、できればもう少々お待ちください。

 Illustrator CC公開からしばらく立ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。私といえば今日もadobe application managerが更新をしてくれませんで、AAMUpdaterフォルダにショートカットをつくっておくと便利なのではないかと考え始めました。いやー、一体何が原因なんですかねー(ウイルス○スターを疑いのまなざしで見つめながら)

 さてところでみなさん、Illustratorで[配置]ってお使いになってますか?

 知り合いの印刷屋さんに話を伺ったところ、Illustratorで作成したファイルの[配置]を行う場合には

「一端、eps化したファイルを配置する」

のが鉄板の手順とのことですが、DTPとは無縁な図面書きユーザーなので、aiファイルをそのままaiファイル内に配置することがよくあります。

Illustratorで手間をかけずに二等分線をひきたい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 さて、私は上図のような図例を手本に、ゴシック建築装飾によく使われるトレフォイル(三つ葉)文様をIllustratorで作図しようとしているところです。 

 図ではコンパスを使って、内接円の中心点を割り出すのに必要な直線を引くために、角の二等分線を求めています。
 Illustratorでも[楕円形ツール]で正円を描けば、コンパスと同じように交点を求めて角を二等分することができます。でも、わざわざ円を2つも描くなんて。もっと簡単な方法はないんでしょうか。

 というわけで以下、Illustratorで二等分線を引くのにいい方法がないか検証してみました。